有名人&芸能人の愛車データベース

有名人や芸能人が乗っている自動車・バイクの情報(メーカー、車種、愛車遍歴など)を集めてみました!

※ソースは雑誌・テレビ・ネットなどの公開情報+タレコミ情報

美元“離婚訴訟でも笑顔”愛車VWイオスで弁護士事務所を訪問

 


2012年12月22日

美元の愛車フォルクスワーゲン・イオス画像

だいぶ旧聞ながら、写真週刊誌『女性自身』(6・19号)によると、ファッションモデル・美元の愛車はフォルクスワーゲン・イオスだった模様。

記事を一部引用します。

▼ 美元「逃がさない!」高嶋政伸 凍らせた恐怖の寝室(女性自身)

「ストーカーというのは怖いもので、ストーキングされた者にしかわからない。いまだに私は、建物の出入りに恐怖を感じます。被告(美元)がいるのではないかと体が震えるんです。

被告との結婚生活は恐怖の対象でしかありません。殺されると思った。芸能生活は25年近くなりますが、それをなげうってでも離婚したい」

声を絞り出すようにしてこう語ったのは、高嶋政伸(45)。

6月1日、美元(32)との離婚訴訟が東京家庭裁判所で行われた。裁判突入から1年3ヵ月目にして初めて訪れた“夫婦直接対決”だった。

(中略)

実は裁判前日の午後3時、本誌は彼女の姿を目撃していた。裁判当日と同じ黒のスーツ姿の美元は、東京・赤坂の弁護士事務所を訪れていた。車から降りてきた彼女に「いよいよ明日ですね」と話しかけたところ、困惑した顔で「はい」と答える。何時に終わるのかも聞いてみたが、「私にもわからないんです……」と語っていた。

出会って一週間でプロポーズ、そして結婚披露宴に4500万円を費やしながらも1年後には別居。さらに美元のDV、ストーキング、整形、海外での豪遊、そして「私は月109万円必要な女」発言などなど。

これら法廷でぶちまけられた異次元すぎる夫婦生活の一部始終が、芸能マスコミを賑わせ、日本中の未婚男子を震撼させ、デヴィ婦人からは「在日の恥」と想定外の急角度で斬りこまれた、あの泥沼の離婚闘争も先月26日にようやく終結し、めでたく夫・高嶋政伸が和解金3000万円を支払う形で協議離婚に至ったことは、みなさまご承知のとおり。

冒頭ご紹介した記事では、原告被告双方の生々しい証言の数々が明らかにされておりますが、当サイトの守備範囲外なのでざっくりカット。

注目ポイントは東京・赤坂の弁護士事務所に愛車で乗り付けた美元の姿を収めた写真でありまして、どーやら愛車はイオス。電動ハードトップを採用したクーペカブリオレですな。

当然ながら、こちらも代金は夫持ちだったよーです。

離婚裁判中の美元 都内ホテルのパーティで友人男性らと談笑(NEWSポストセブン)

「370万円の車を買いました。車が欲しいとカタログを見せられて、じっと見つめられて“おカネは?”と。揉めると厄介なことになるし疲れるので、彼女名義で購入しました」

イオスのお値段は新車で438万~576万円也。というわけで数字が一致しませんが、多少は空気読んで中古車を買ったということでしょうか。

いやはや、それにしても再度、お写真に目を移してみると、愛車から降り立った美元は、翌日に離婚訴訟を控えた人間のものとは思えぬ満面の笑顔。

ちょうど時期的には所属事務所から、解雇を申し渡されたタイミングとも重なりますが、まるで自らの逆境を楽しんでるかのような表情。まごうことなき怪物ですな。元夫をして「殺されると思った」と言わせるだけのことはあります。


 

過去のニュース