有名人&芸能人の愛車データベース

有名人や芸能人が乗っている自動車・バイクの情報(メーカー、車種、愛車遍歴など)を集めてみました!

※ソースは雑誌・テレビ・ネットなどの公開情報+タレコミ情報

亀田興毅 愛車の“フルカスタム”ハマーH2をヤフオクに出品

 


2010年02月22日

亀田興起の愛車ハマー・H2画像

やや旧聞ながら、プロボクサーの亀田興毅が、愛車のハマー・H2をヤフオクに出品していた模様。

詳細は以下よりどーぞ(リンク先に画像あり)。

▼【新春企画】亀田興毅さん愛車!ハマーH2 by車選び.com(Yahoo! オークション)

メーカー名 :ハマー
車種名 :H2
グレード名 :‐
排気量 :5,960 cc
年式 :平成16年(2004年)7月
輸入車モデル年式 :平成16年 (2004年)
走行距離 :18,000 km
走行距離の状態 :実走行
色系統 :クロ系
色の名称 :ブラック
車検有効期限 :平成23年12月まで
ミッション :オートマチック(AT)
ボディタイプ :クロカン、SUV
型式 :不明

ドア数 :5ドア
乗車定員数 :6人乗り
駆動方式 :4WD、AWD
燃料 :ガソリン車
点検記録簿 :なし
修復歴 :なし
車台番号(下3けた) :647
リサイクル預託金 :23,640 円
輸入経路 :新車並行車
ハンドル :左
車歴 :自家用
所有者歴 :複数オーナー
引き渡し条件 :応相談

▼出品店舗からのコメント
今回ご紹介するこの”H2”は、先日WBCフライ級チャンピオンを獲得した亀田興毅選手が、今まで試合会場までの移動やプライベートの移動で使用していたクルマそのものです。とある有名なショップにて亀田一家がエクステリアからインテリアまでフルカスタムした一台で、現在の所有者は亀田一家の代表である亀田史郎氏になっております。亀田一家のイメージをそのままカタチにしたような大胆かつ迫力のあるカスタマイズが大変魅力的で、25インチの大径メッキアルミと6連ライトが強烈な個性をアピールします。
また、インテリアも非常にオリジナリティ溢れる、正に世界に一台といえる逸品で、シートや内張りはベージュ&ブラウンのステッチ入り2トーンスウェードで統一され、各部にあの亀田家のロゴがあしらわれております。また、最新鋭のカラオケシステム、総勢13個のキッカー製オーディオシステム、ブルーとホワイトが煌びやかに散りばめられたイルミネーションなど、この上なく贅沢な空間が広がっております。

◆エクステリア
・25インチアルミホイール(ジオバンナ)
・社外エアロバンパー
・4連フォグランプ+2連ヘッドランプ
・キセノンヘッドライト
・各部クロームメッキパーツ
・4本出しステンレスマフラー


◆インテリア
・10モニター(フロント大型モニター、インダッシュモニター、ミラーモニター、ヘッドレストモニター×2、フリップダウンモニター、クォーターウインドウモニター×4)
・カラオケシステム
・キッカーフルカスタムオーディオシステム(13スピーカー)
・内装総張替(亀田家のロゴ入り)
・ブルー&ホワイトイルミネーションシステム
・ラウンド型リアシート
・サンドバッグのオブジェ
・アルパインHDDナビ
・バックカメラ&サイドビューカメラ
・ETC

(念のため魚拓で保存

6連ライトが昆虫っぽいエクステリア。

亀田興起の愛車ハマー・H2(エクステリア)画像

青白いライトがラブホっぽいインテリア。

亀田興起の愛車ハマー・H2(インテリア)画像

でもって、こちらの物件、1月18日のスタート時点で1万円だったものが、壮絶な入札合戦の末、一時は50億円にまで急騰していたようですが……。

亀田選手の高級車にキャンセル続出! 50億円から2千万円台に暴落(ロケットニュース24)

『Yahoo!オークション』に出品されていたプロボクシング選手の亀田興毅さんの高級車『ハマー』(H2)。なぜかオークション終了後に入札のキャンセルが相次ぎ、2千万円台にまで価格が下がっている事がわかりました。オークション中に50億円以上の値段がついた『ハマー』でしたが、主催者側がイタズラ入札と判断したのか高額入札がキャンセルされる事態に。

その後5千万円台の価格でオークションが進められていたのですが、オークション終了後にキャンセルが続いたため、現在は2千9百万円程になっています。大ざっぱに計算すると、最高入札額から49億円以上も値下がりした事になります。

(中略)

このオークションはチャリティーではないので、落札した人物から亀田さんへお金が渡ると思われます。50億円の値がついた状況を亀田さんが知っていたかどうかは不明ですが、いまや価格は2千万円台。高額とはいえ50億円とは雲泥の差ですから、がっかりしているかもしれませんね。

当然ながら、ほとんど愉快犯によるビッドでありまして、終了後にキャンセルの雨あられ。最終的には1008万円でハンマープライスとなったようですな。いや、末広がりんぐな数字でよろしいんじゃないでしょうか。めでたしめでたし。

……と思いきや、実は件のお車、車本体と改造費で3000万円ほど掛かっておりまして、差し引き2000万円の赤字!(元記事がリンク切れにつき、2chに転載されたものをご覧あれ)

亀田興毅 ハマーH2 入手 世界を獲ればこんだけの車に乗れるんや!(2ちゃんねる)

鼻歌気分で出陣だ♪ ゆったり、豪華にリラックス。微妙な採点問題で因縁の生まれた相手との再戦に、亀田が“マイカー"で出撃する。

この日、米国のジープ型軍用車を民間用にした人気高級車、「ハマーH2」が亀田のもとに届けられた。かつては元統一世界ヘビー級王者マイク・タイソン(米国)も愛用。国内外で愛車にする著名人も多いグレードの高い車種。これに、テレビ6台や最新鋭カラオケセットなどの内装を加えた“闘拳バージョン"に仕上げ、車体、改造費込みで3000万円という超豪華版に仕上げた。まさに世界に1台、夢を売る世界王者にふさわしい車を自前で手に入れたのだ。

(中略)

20日の当日は、父・史郎トレーナー(41)の運転で二男・大毅(17)、三男・和毅(15)とともに、黒人ボディーガード2人も同乗して会場入りする。カラオケで気分を盛り上げ、車内でファミリーの絆を確かめ合うこともできる。亀田の目標は、フライ、Sフライ級と合わせた世界3階級制覇。日本人初の快挙を果たすまで、“豪華送迎"を続けるつもりだ。

まあ、これだけ悪趣味な改造てんこ盛りでは、原価割れもやむなし。


 

過去のニュース