有名人&芸能人の愛車データベース

有名人や芸能人が乗っている自動車・バイクの情報(メーカー、車種、愛車遍歴など)を集めてみました!

※ソースは雑誌・テレビ・ネットなどの公開情報+タレコミ情報

TOKIO長瀬智也 愛車ハーレー1942FLで自宅周辺を爆走

 


2009年08月26日

TOKIO長瀬智也の愛車ハーレーダビッドソン・1942FL画像

やや旧聞ながら、雑誌『フラッシュ』(7・21号)によると、TOKIOの長瀬智也が愛車のハーレーダビッドソン・1942FLに跨がって、自宅周辺を爆走していた模様。

記事を一部引用しますので、以下よりどーぞ。

▼ 長瀬・相武紗季の誕生日に「バイクで爆走」大騒動(フラッシュ)

ドコドコドコドッドッドッ!

爆音を響かせながら都心をバイクで爆走しているのは長瀬智也(30)だ。

(中略)

彼が乗っていたのは米国ハーレーダビッドソン1942FL。マニア垂涎のビンテージバイクだ。

ところが、このバイクはなかなかいうことを聞かない。走りだしたかと思ったらすぐ止まり、しばらくするとまたドコドコ走りだす。止まっては走り、また止まる。バイク好きにはそれをもまた楽しいかもしれないが、これじゃあ追っかけるこっちは楽じゃない。

1942FLといえばその名のとおり1942年に作られたモデルでありまして、調べてみると、小泉純一郎、胡錦濤、金正日、小沢一郎と同級生ということになりますな(同窓会にはぜっっったい出たくありませんが……)。

さすがに年代物の愛車だけあって、調子の方はあまり芳しくなさそうですが、古希一歩手前と考えると、動いているだけでも十分スゴいと言えましょう。

ちなみに引用は省略しましたが、記事の見出しにあるとおり、この日は交際相手の相武紗季の誕生日だったそーで、彼女を待つ間にアメ車でケーキ買いに行って、そのあと自宅マンション周辺をバイクでマッタリ走っていたとのこと。

ぐっ、なんという勝ち組の余暇……。あー、もうなんかコレ書いてて仕事やる気なくすわー、ガオーー!

えー、萎えた気持ちをなんとか奮い立たせて、話題を長瀬青年のハーレーに戻しませう。

実は、この方、1942FLの他に1939ELというモデルも所有されております。

TOKIO長瀬智也の愛車ハーレーダビッドソン・1939FL画像

当サイト管理人が資料買いしたまま長らく放置していた、雑誌『HOTBIKE Japan』で本人自ら詳しく語っておりまして、そこでの発言がスゴ過ぎるので、以下重要箇所を一部引用してみます(リンク先はAmazon)。

TOKIO長瀬智也/1939EL MY WAY MY KNUCKLE(HOTBIKE Japan)

H(注:編集部):それにしてもあの39、素晴らしいコンディションですね。ホント調子も良かったし。
D(注:DJ KO):純正度もかなり高いよね。ヤレ具合もいい。

(中略)

K(注:ケンゾウ):タンクはリペイントだけど、多分フェンダーはオリジナルペイントだよね。
H:ただならぬ雰囲気とは思ったけど、1939年のオリジナルペイントとは! こんな上物、一体どこで見つけたんですか?
N(注:長瀬智也):イーベイ(笑)。アメリカのインターネットオークションです。
H:ホント?
N:本当です(笑)。実はフルストックのナックルヘッド、かれこれ1年以上探していたんですよ。ハーレーを通して知り合った友人や知人の力を借りてホント必死に探していたけど、当然ポンポン出てくる車両じゃないから。
H:今ナックルはもはや40年代でさえ出物は少ないですね。
D:さらに当時の生産台数が少ない30年代のナックルそれもフルストックとなれば、現存するタマ数自体、もうアメリカにも少ないと思う。

(中略)

N:そうなんです。ボクが感じる旧車の魅力って歴史なんですよ。古いモノが持つ時代や前のオーナーの痕跡にグッときてしまう。
H:男のロマンだよね。
N:そう、歴史はロマンなんだ! 例えば39のステップボード。下側がガリガリに削れているんだけど、前のオーナーはどれだけコーナーを寝かせてカッ飛んでたんだよよか。細かなキズやサビを見つけては様々な事を想像してしまい、ひとりでニヤけてしまう(笑)。
K:トモさん、この39を街中に駐車してた時にトリの糞を落とされたんですよ、バイクに直撃。普通は速攻で拭き取りますよね? でもそのままにしてる。「これも歴史だ」って(笑)。

ここで全文ご紹介できないのが残念ですが、ご興味のある方はぜひ買って読んでいただきたい。

いやはやそれにしても、鳥の糞も歴史とは名言。おそらく近所のガキンチョに十円パンチされても、「それも歴史」のひと言で済ませてくれるでしょう。


 

過去のニュース