有名人&芸能人の愛車データベース

有名人や芸能人が乗っている自動車・バイクの情報(メーカー、車種、愛車遍歴など)を集めてみました!

※ソースは雑誌・テレビ・ネットなどの公開情報+タレコミ情報

“横綱”白鵬 自らデザインしたスーパーカブ50デラックスが完成

 


2009年06月12日

白鵬の愛車ホンダ・スーパーカブ50デラックス画像

Designed By 白鵬!な特別仕様ホンダ・スーパーカブ50デラックスがこのたび完成し、本人のもとに届けられていた模様。

詳細は以下の記事よりどーぞ(リンク先に写真あり)。

白鵬“横綱仕様”の「スーパーカブ」完成(デイリースポーツ)

大相撲の横綱白鵬(24)=宮城野=がバイクのデザイナーになった。けいこを再開した3日、東京都墨田区の宮城野部屋に1台のホンダ「スーパーカブ」が届いた。発売50周年を記念した「Love Cub50プロジェクト」に協力して白鵬がデザインしたもので、青い車体に紺色の炎が描かれたカスタム仕様だ。

現役力士はバイクに乗れないため、またがるだけだったが「モンゴルの青空とかイメージしたんだ」とご満悦。機体は、26日から東京都港区の森アーツセンターギャラリーで公開される。

写真を見ますと、愛車はスーパーカブ50デラックスですな。「白鵬がデザインした」とありますが、車体の色を変えただけかな?

で、白鳳が「協力」した『Love Cub50プロジェクト』の概要については公式サイトを参照のこと。

Love Cub 50 プロジェクト|このサイトについて(Love Cub50プロジェクト)

スーパーカブは今年8月で生誕50年を迎えました。50年間でなんと世界中に6,000万台。エンジンのついた乗りものとしては世界一ではないでしょうか。

(中略)

日本から生まれて世界で愛されるカブを使って、この50周年という節目に、少しでも世界の人たちに恩返しができないだろうか。そんな想いから、本田技研工業(株)、並びに(株)ホンダアクセスの協力により、unicefの活動をサポートする「Love Cub 50 プロジェクト」が始まっています。

具体的には、ご賛同いただけたアーティスト、タレント、クリエイターなどのみなさんに、自由な感性と発想で、カブのオリジナルデザインを考えていただき、その展示イベントの開催、特集本の出版、さらには最終的な販売を通じた収益金を、日本ユニセフ協会を通じ、unicefの活動に寄付。

アジアやアフリカの子供たちを少しでも支援できたらと―そんな想いの「Love Cub 50 プロジェクト」。

最近、話題の日本ユニセフ(名前は似てるけど国連のunicefとは別団体)も1枚噛んでるようですな。

「日本ユニセフ」でググると何やらぶっそうな関連ワードが並んでます……。

日本ユニセフ協会画像

門外漢の当サイト管理人はよく知りませんけど、日本ユニセフが名簿屋から買った個人情報をもとに、ダイレクトメールを大量発送して寄付を募るなんてことは、絶対ネバーやってないと思います(棒読み)。

さて話をスーパーカブにもどしますが、車重80kgのカブに対し、ご主人さまの白鴎が151kgとほぼ2倍の重量。

一見アンバランスな組み合わせにも思えますが、当データベースを参照すると、ゴリラに乗る伊集院光に、アドレスV100に乗る安田大サーカスのHIROと、なぜか原付を好むヘビー級のみなさま。

俺だって原付で移動できる(くらい軽い)んだぞ!ということのアピール?


 

過去のニュース