有名人&芸能人の愛車データベース

有名人や芸能人が乗っている自動車・バイクの情報(メーカー、車種、愛車遍歴など)を集めてみました!

※ソースは雑誌・テレビ・ネットなどの公開情報+タレコミ情報

NIGO&牧瀬里穂 AMG300SLガルウィングV8-6.0でドライブ

 


2009年02月27日

NIGOの愛車AMG300SLガルウィングV8-6.0画像

雑誌『週刊女性』(3・3号)によると、人気ブランド「A BATHING APE」デザイナーのNIGOが、このたび新妻・牧瀬里穂を助手席に乗せて愛車AMG・300SLガルウィングV8-6.0でドライブにくり出していた模様。

記事を一部引用しますので、詳細は以下よりどーぞ。

▼ 牧瀬里穂 超レア博物館級1億円ベンツドライブ撮(週刊女性)

「見たことも無ない古い型のベンツが走っているので、見てみたら、牧瀬さんが乗っていたんです。隣で運転していたNIGOさんは前を向いたままでしたが、時折、牧瀬さんがNIGOさんのほうを見て笑ったり、話しかけたりしていました」(目撃した男性)

2月6日――。週末でにぎわう夜の都内・赤坂を超高級外車で颯爽と走り去るのではなく、ノロノロと渋滞に巻き込まれても絵になるふたり。

さらに、車内のふたり以上に道行く人の目をひいたのが、超高級外車だったという。それもそのはず、NIGOがハンドルを握っていた車は、「'50年代に生産された『メルセデス・ベンツ300SLガルウィング』は、日本に数台しかない超レアな車です。ドイツのメルセデス・ベンツ博物館へ行かないと見られないような代物ですよ。かつては、あの石原裕次郎さんも愛車にしていたほどで、値段はつけられないですが、欲しい人なら1億円出してでも乗りたいんじゃないですか」(ドイツ車専門誌編集者)

(中略)

そういえば、ふたりの交際が発覚した5年前も、当時4000万円もする英国製高級車ロールスロイスでのデート中だった。そしていま、100年に一度の不況といわれ、不安定なこのご時世も、このふたりにとっては、どこ吹く風なのかも!?

写真を見てみると……、うむ、たしかにこの特徴的な丸形2灯式ヘッドランプ、そして艶麗なボディからニョッキリ生えた2つのドアミラー……。あれ? えーと、300SLにドアミラーなんて付いてましたっけ?

で、とりあえずWikipedia「メルセデス・ベンツ 300SL」の項を覗いてみましたが、オリジナルの300SLにドアミラーなんぞありません(リンク先に写真あり)。

メルセデス・ベンツ 300SL(Wikipedia)

メルセデス・ベンツ300SL(Mercedes-Benz 300SL)は、ドイツの自動車メーカーダイムラー・ベンツ(現ダイムラー社)が発売した乗用車である。

わざわざドアミラーくっ付けたのかなーと思ったりしつつ、1週間ほど広大なネットの海をさまよって、ようやく探し出しましたよ、ドアミラーの付いた300SLを。

2000年に発売された、AMGご謹製300SLガルウィングV8-6.0というクルマだそーです(恥ずかしながら存在自体知りませんでした)。

昨年、雑誌『ENGINE』の表紙に登場してたようですので、ご覧あれ(リンク先に写真あり)。

エドウィン・モーゼス&AMG 300SL GULLWING V8-6.0(ENGINE Online)

ボディは1955年製のメルセデス・ベンツ300SLガルウィングそのもの。ドイツ流線型デザインの白眉といえる多鋼管スペースフレームによる軽量ボディに、AMG製の6リッター、381psのV8と4段ATを搭載したクラシックとモダンのハイブリッド・スペシャル。AMGはこれを2000年に数台だけつくった。

ミラーやタイヤ&ホイールなど、現代の交通環境に合わせた改作もおこなわれている。

(念のため魚拓で保存

お値段は不明ですが、ベースの車だけでざっくり1億円、さらに改造費+諸々のパーツ代などが乗っかってきて、そこに生産台数「数台」というプレミアム分を加算すると、ジャンボ宝くじ1等の当選金を全額投入してようやく買えるレベル?

(追記)

BAPEデザイナーNIGO ブログで愛車の“迷彩色”AMG 300SLを公開」に続く。


 

過去のニュース