有名人&芸能人の愛車データベース

有名人や芸能人が乗っている自動車・バイクの情報(メーカー、車種、愛車遍歴など)を集めてみました!

※ソースは雑誌・テレビ・ネットなどの公開情報+タレコミ情報

“川崎フロンターレFW”鄭大世 念願のハマーH2購入

 


2009年01月30日

鄭大世の愛車ハマーH2画像

川崎フロンターレに所属する在日韓国人Jリーガー鄭大世(チョン・テセ)が、チーム入団当初からの念願だったハマー・H2を遂に手に入れた模様。

選手プロフィールの異常な充実度を誇る川崎フロンターレ公式サイトから、まずは鄭大世が川崎に入団した2006年のプロフィールをご覧あれ。

選手・スタッフプロフィール(KAWASAKI FRONTALE)

16 FW 鄭大世

(中略)

愛車:HUMMER H2をいつか買いたい

バブル景気に沸いた80年代の日本といえば「いつかはクラウン」が合言葉でしたが、今や「いつかはハマー」……。

その翌年、2007年のプロフィールでは目標がより具体的に!

選手・スタッフプロフィール(KAWASAKI FRONTALE)

16 FW 鄭大世

(中略)

愛車:HUMMER H2を5年以内に買いたい

いつか→5年以内と、射程距離がだいぶ狭まって参りました。

さらに、2008年のプロフィールでは手の届くところに……。

選手・スタッフプロフィール(KAWASAKI FRONTALE)

16 FW 鄭大世

(中略)

愛車:HUMMER H2を5年以内に買いたい

と思いきや、ここでまさかの足踏み。「5年以内」のままでした。

で、今月公開されたばかりの2009年のプロフィールでは……。

選手・スタッフプロフィール(KAWASAKI FRONTALE)

9 FW 鄭大世

(中略)

愛車:HUMMER H2

むむむ……、なんとあっさり購入しているではありませんか。ネット各所の情報を見て回ったところ、どうやら2008年に購入していたようですな。

ちなみに、韓国の新聞社中央日報のサイトによると昨年の鄭大世の年俸は1200万円とのこと。

<東アジア選手権>俊足・突進プレー…‘アジアのルーニー’鄭大世②(中央日報)

◇岡田監督が逃した大魚

昨シーズンJリーグに彗星のごとく登場した鄭大世(チョン・テセ)。しかし彼は昨年夏までC級契約選手(年俸480万円)だった。

入団当時、鄭はプロ進出に対する確信がなかった。2007シーズン前半に交代選手として出場した鄭は、リーグで2得点をマークした。後半期の初試合となった千葉戦に先発出場し、C級契約から脱け出す‘出場時間450分'をクリアした。制約から解き放たれた鄭は後半、大活躍した。

一度炸裂してからは連続ゴールを決め、Jリーグの得点王ジュニーニョ(22ゴール)に続く12ゴールを決め、チーム内では第2位の得点を記録した。

鄭大世の推定年俸は現在1200万円。鄭は大学生の05年、テストを受けるために自ら横浜マリノスを訪ねたことがある。

当時の横浜は、現在の日本代表チーム監督である岡田武史氏が率いていた。しかし、岡田監督は彼の潜在能力を見極めることができなかった。鄭は無名だったが、才能を認めた川崎の関塚隆監督の下で力を発揮した。

鄭大世といえば現在のJリーグでも五指に入る実力派FWですが、このレベルの選手でも報酬は低く据え置かれておるようです。億プレイヤーが当たり前のプロ野球と比較すると、かなり厳しい現実がありますな。

余談ながら、柏レイソルに所属するFW李忠成(元在日韓国人)もハマー乗りでございます(※参考:“祝北京五輪代表選出”柏レイソル 李忠成の愛車はハマーH3)。


 

過去のニュース