有名人&芸能人の愛車データベース

有名人や芸能人が乗っている自動車・バイクの情報(メーカー、車種、愛車遍歴など)を集めてみました!

※ソースは雑誌・テレビ・ネットなどの公開情報+タレコミ情報

“ヤナセからベンツ贈呈”小笠原道大「若者は高級車を目指せ」と主張

 


2008年12月13日

小笠原道大の愛車メルセデスベンツEクラスE250画像

ヤナセからメルセデスベンツ・EクラスE250を贈られた巨人の小笠原道大(a.k.a. ガッツ)が、自身の半生を振り返りつつ高級車の持つ効用を熱弁していた模様。

詳細は以下の記事よりどーぞ。

小笠原、若手よベンツを目指せ!(デイリースポーツonline)

若者よ、ベンツを目指せ!巨人の小笠原道大内野手(35)が10日、東京都内で行われた「ヤナセ・ジャイアンツMVP賞」の授賞式に出席。高級車の所有が一流選手を目指す原動力だった経験を踏まえ、車離れが進む若い世代に夢や希望を持つことの重要性を訴えた。

小笠原の真剣なまなざしには、強い決意がみなぎっていた。不況が続く自動車業界から、約600万円の「ベンツ-E250」を贈呈された。その恩に報いるためもある。「良い車に乗りたいと思えば、希望や目標になる。強い気持ちを持つと(高級車に)乗れる可能性も高くなる。若い人も目標にしてほしい」と若い世代に訴えかけた。

ジャパニーズドリームを体現しているからこそ、説得力もある。高校時代は通算本塁打0本など無名に近かったがプロ入り後、たゆまない努力で日本球界屈指の強打者に成長し、WBCの4番候補にも名を連ねるようになった。

その原動力になったのが「プロに入りたてのころ、先輩たちが高級車を乗り回していた。自分も良い車に乗りたかった」というあこがれ。薄給だった社会人時代には「ステータスだから」とムリして安い中古車を購入した。だが、“高級車に乗りたい"という強いハングリー精神で、今では高級車数台を所有するまでになった。「車を所有すると自分の空間、リズムで過ごせるのも楽しみの1つ。若い人たちもぜひ経験してほしい」と語った。

「良い車に乗りたいと思えば、希望や目標になる。強い気持ちを持つと(高級車に)乗れる可能性も高くなる。若い人も目標にしてほしい」とおっしゃいますが、「良い車=高級車」では必ずしもない、というのが今の時代の難しさではないかと当サイト管理人は愚考する次第(そもそも良い車とは?)。

高級車だからといって燃費が良いとはかぎりません。むしろハイパワーでガソリン食いまくりだったりします。高級車だからといって運転が簡単なわけでも、故障が少ないわけでもありません。

「車を所有すると自分の空間、リズムで過ごせるのも楽しみの1つ。若い人たちもぜひ経験してほしい」ってのも、前後の文脈が不明ですが、ワゴンRでなぜいけないのか?という問いに答えられないのではないでしょうか。

高級車を持つとこんな良いことがあるよ!という具体的なメリットがキチンと提示できなければ、たぶん若者のこころを惹き付けておくのは難しいでしょう。


 

過去のニュース