有名人&芸能人の愛車データベース

有名人や芸能人が乗っている自動車・バイクの情報(メーカー、車種、愛車遍歴など)を集めてみました!

※ソースは雑誌・テレビ・ネットなどの公開情報+タレコミ情報

アンドレア・ピニンファリーナ事故死、ベスパGT60運転中の悲劇

 


2008年08月09日

アンドレア・ピニンファリーナ愛車ベスパGT60画像

フェラーリ、アルファロメオ、マセラティなどの高級スポーツカーのデザインで知られるピニンファリーナ社のアンドレア・ピニンファリーナCEOが愛車のベスパ・GT60で出勤中に、自動車と衝突する事故を起こし死亡していた模様。

詳細は以下の記事よりどーぞ(リンク先に写真あり)

A・ピニンファリーナ氏が事故死、フェラーリやマセラティをデザイン(AFPBB News)

フェラーリ(Ferrari)やマセラティ(Maserati)などイタリアの高級車デザインで有名な「ピニンファリーナ(Pininfarina)」の最高経営責任者(CEO)で、イタリア産業連盟(Confindustria)前副会長のアンドレア・ピニンファリーナ(Andrea Pininfarina)氏が7日、同国北部トリノ(Turin)近郊のトロファレッロ(Trofarello)で、スクーターで走行中に自動車と衝突し、死亡した。51歳だった。ピニンファリーナ社が7日、発表した。

ピニンファリーナ社はジャガー(Jaguar)、MG、ランチア(Lancia)、FIATなどのデザインも手がけ、2006年の冬季トリノ五輪の聖火のトーチをデザインしたことでも有名。

世界的に名の知れた会社の最高経営責任者にしては、スクーターで出勤というのはいささか不用心すぎるかなと思いますが……。

記事では、車種に触れられていませんが、写真をみると乗っていたのはベスパのGT60で、衝突した相手はフォード・フィエスタですな。

事故原因は、相手の車の信号無視とのこと。

著名な自動車デザイナー、ピニンファリーナ氏が交通事故死(CNN.co.jp)

フェラーリやアルファロメオなど、高級スポーツカーのデザインで知られるアンドレア・ピニンファリーナ氏が7日、イタリア北部トリノ近郊で起こった交通事故のため亡くなった。51歳。イタリアの各メディアが伝えた。

ピニンファリーナ氏はスクーターのベスパにに乗って通勤中だった。警察によると交差点で止まらなかった自動車と衝突した。自動車の運転手は、ベスパが近づいてきたことに気付いていなかったという。

さらに、CEOの死後、会社の株価は予想外の反応を見せていた模様。

ピニンファリーナ会長事故死で株価20%以上急騰(Response.)

7日朝のアンドレア・ピニンファリーナ会長の事故死は、同社の株価にも大きな影響をもたらした。ミラノ証券取引所におけるピニンファリーナ株はアンドレア氏死去の知らせを受けた直後から値上がりを続け、終値は前日比20.59%高の7.52ユーロまで急騰した。

市場はアンドレア会長の死去にともない、今後創業者一族の持ち株比率が下がり、経営状況が改善することを期待したものとみられている。

ピニンファリーナ・グループの母体であるピニンファリーナS.p.A.は、今年初めに経営状況の悪化が表面化した。そのため4月の株主総会で第三者割当増資を決定し、インドのタタ・リミテッド、ピエロ・フェラーリ氏らが新株を引き受けることを発表した。6月にはベルギー-オランダ系のフォルティス銀行が支援を表明した。

しかし2月に10ユーロ台を保っていた株価は下落を続け、7月には5ユーロ台前半まで落ち込んでいた。アンドレア会長の死には多くの政財界人が早くも哀悼の意を表しているいっぽうで、市場はシビアにイタリアを代表するカロッツェリア復活の契機とみた形だ。

急落ではなく「急騰」というのがポイントですな。

要するに、投資家からは「逝ってヨシ!」と思われていたということになるわけで、なんというか、なかなか切ない最期です……。


 

過去のニュース