有名人&芸能人の愛車データベース

有名人や芸能人が乗っている自動車・バイクの情報(メーカー、車種、愛車遍歴など)を集めてみました!

※ソースは雑誌・テレビ・ネットなどの公開情報+タレコミ情報

“無職ランナー”こと藤原新 東京マラソンで2位に入りBMW328iゲット


2012年02月28日

藤原新の愛車BMW・3シリーズ328i画像

26日に行われた東京マラソンで、日本人最高位となる2位でゴールした藤原新に副賞としてBMW・3シリーズ328iが贈られていた模様。

藤原新「かなりの覚悟」だった/マラソン(nikkansports.com)

藤原新(30=東京陸協)が2時間7分48秒と自己ベストを更新する走りで2位に入り、日本選手最高位でゴールした。最後の直線でキプロティチ(ウガンダ)を振り切り、「今日に向けての準備で、かなりの覚悟をもってやっていた。五輪という目標が僕を動かしてくれた」と歓喜に震えた。昨年11月に所属先との契約を解除し、現在は無職で貯金を切り崩してきたランナー。選考レースで結果を残しロンドン五輪男子マラソン日本代表の最有力候補に躍り出た。「五輪のない競技人生は考えられない」と話す夢舞台に大きく前進した。

ごらんのとおり、BMWの電子キーを模した特大パネルを高々と掲げております。

毎日のサイトによると、副賞は今年1月に販売が開始されたばかりの328iだったよーです。

東京マラソン:プータローランナー・藤原新、賞金ほしさに激走 BMWもゲット(mainichi.jp)

苦労人がついに五輪切符をつかんだ。男子はロンドン五輪選考会を兼ねて行われ、実業団に所属していない藤原新(30=東京陸協)が、日本歴代7位の2時間7分48秒で日本選手トップの2位に入り、初の五輪代表入りを確実にした。最強市民ランナーの川内優輝(24=埼玉県庁)を打ち負かす快走で賞金400万円も獲得。固定収入がなくスポンサー募集中という苦況のプロランナーが意地を見せた。マイケル・キピエゴ(28=ケニア)が2時間7分37秒で初優勝した。

両手を広げ、藤原新が歓喜のゴールに飛び込んだ。し烈な2位争いを繰り広げたキプロティチをわずか2秒振り切り、国内唯一の賞金レースで400万円をゲット。3位の賞金は200万円だけに「最後の200メートルは200万円スパート」と笑った。得たものは賞金だけではない。日本歴代7位で日本選手トップとなり、ロンドン五輪代表の座も確実にした。副賞としてニューBMW328i(570万円相当)も手に入れた。

(中略)

一昨年3月にJR東日本を退社してプロランナーに転向したが、ここから苦難の連続だった。右足裏など度重なるケガに悩まされ、スポンサー契約を結んだ健康食品関連の会社からは賃金未払いが続いて昨年11月に契約解除。現在は貯金を切り崩しながら練習する「プータローランナー」。収入がなく大好きな酒も断ち「かなりの覚悟で臨んだ」という選考会だった。

わずか2時間で賞金400万円+570万円相当の車をまとめてゲットされたわけですが、現在ご本人は無職の身の上だそーでありまして、「貯金を切り崩しながら」の生活を余儀なくされていたよーですので、ぶっちゃけ「車より現ナマをくれ!」という心境なのかもしれません。


過去のニュース