有名人&芸能人の愛車データベース

有名人や芸能人が乗っている自動車・バイクの情報(メーカー、車種、愛車遍歴など)を集めてみました!

※ソースは雑誌・テレビ・ネットなどの公開情報+タレコミ情報

斎藤佑樹 オールスターでマツダ車ゲットするも顔色さえず


2011年07月31日

斎藤佑樹画像

日本ハムファイターズ所属の斎藤佑樹(a.k.a. ハンカチ王子)が初出場のオールスターで好投し、スポンサーのマツダから賞品として自動車を贈られていた模様。

【オールスター】佑ちゃんは乗用車ゲット「びっくり。申し訳ない」(MSN産経ニュース)

2度目の登板となった斎藤(日本ハム)が六回を三者凡退に抑えた。Kスタ宮城は初マウンドだったが、「すごく投げやすかった」と笑顔を見せた。

第1戦は予定を繰り上げての慌ただしい登板だったが、「きょうは落ち着いていた。(観客の)声援も聞こえました」。ファンに夢や希望を与えた個人賞として乗用車を贈られ、「びっくりしました。何か申し訳ない」と恐縮した様子。後半戦に向けては「しっかりローテーションを守り、優勝へつなげられれば」と手応えを口にした。

記事に掲載された写真には、スカイアクティブテクノロジー賞と書かれたパネルを持った斎藤選手の凛々しいお姿。

んで、そのスカイなんちゃら賞の中身については以下のニュースを参照されたい。

特別賞にマツダ CX-5、787Bの展示も…プロ野球オールスター(レスポンス)

マツダは、冠スポンサーとして協賛する「マツダオールスターゲーム2011」(22~24日)の特別賞として『SKYACTIV TECHNOLOGY賞』を創設したと発表した。

(中略)

受賞者には、マツダの新技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」を搭載した改良新型『デミオ』、今秋日本で発売予定の改良新型『アクセラ』、来年にグローバルで導入予定の『CX-5』の中から1台を選んでもらい贈呈する。

なんとデミオ、アクセラ、CX-5のマツダご謹製の新型3車種から選び放題という太っ腹な賞なのですが、『週刊新潮』(8・4号)によると、本人的にはあまり嬉しくなかったよーです。

▼ 賞品にマツダ車を貰って困惑した斎藤佑樹(週刊新潮)

初出場のオールスターで好投、スポンサーのマツダから賞品として「車」を貰っちゃうなんて、さすがは“持ってる男”。だが、そんな斎藤佑樹投手(23)の顔色が今ひとつ冴えないのには理由があって……。

(中略)

「囲み取材で“4月に車を買ったばかりだけど、こっちはどうするの?”と問われると、“それは聞かないでくださいよ”と、ちょっと困った顔になりました」

スポーツ紙記者が言う。

「というのも、斎藤のお父さん、寿孝さんはスバル車を作っている富士重工の元社員で同社の野球部でも活躍した人物。だから今年4月に黒のレガシィ・アウトバックの購入を決めたのは親孝行みたいなものなんです。一方で、今回球宴に出場できたのは、マツダが提供する『プラスワンチャレンジ』というオマケの1枠のお陰。斎藤の宣伝効果を期待してのことでしょうから、マツダ車を無下にはできませんよねえ」

そうです、当サイトでも既にご紹介していますが斎藤選手はレガシィアウトバックを買ったばかりだったのです(※参考:斎藤佑樹 初マイカーはスバル レガシィアウトバック)。

まあ普通に考えるとマツダ車は家族用ということで手を打つことになろうかと思いますが、ネックとなるのは富士重工OBのお父様の存在。スバル以外に乗る奴は家の敷居を跨がせねーぞ的な信念をお持ちの場合は困りますな。父をとるかスポンサーをとるかの究極の選択。

というわけで間をとって、多少コストは掛かりますがレガシィと両持ちという可能性もアリ。車を二台“持ってる男”ということでひとつ。


過去のニュース